矯正治療の留意点
写真

治療終了まで長い期間のフォローが必要です。(期間は治療内容によって異なりますが、クリーニングのためにも長く通院していただけるのが理想的です。)


定期的な通院が必要です。(1ヶ月間隔か、2〜4ヶ月間隔、最低でも半年に一度は通院していただきます。)


患者さんによっては抜歯を必要とする場合があります。(抜いた隙間を利用して歯並びを並べ替え、最終的に隙間を閉じてよい噛み合わせに導きます。)


装置の違和感があります。(一般的に1週間程度で慣れてくれます。)


歯を移動するための力により痛みが生じます。(痛みの少ないより良い材料を使用しておりますが、新しい力を加えて3〜7日間は感じます。)


歯磨きを一生懸命してもらう必要があり、歯科衛生士による指導も行ないます。(唾液テストやフッ素塗布も行ないますが患者さんの習慣が大切です。)


歯の移動の後はその場所にとどめる保定が必要です。(保定をせずに放置した場合、後戻りの可能性があります)


通常、治療費は保険の適応になりません。(当院矯正患者さんのご兄弟やご両親など、ご家族の方の矯正治療は割引の対象となります。)


治療費が一部保険適応となる場合もあります。(赤ちゃんのときに上顎を手術しているか、これから手術を併用する必要のある患者さんに限られます。)

↑TOP