マウスピース型(カスタムメイド)矯正(歯科)装置(インビザライン)
インビザライン

マウスピース型(カスタムメイド)矯正(歯科)装置(インビザライン)は、不正咬合を治療するため、患者ひとりひとりのために、先生方の治療計画に基づいてカスタムオーダーで製造される矯正装置です。これまでに全世界で3万名を超える先生方が、マウスピース型(カスタムメイド)矯正(歯科)装置(インビザライン)で患者の治療を行うための認定を受けており、35万名を超える患者がマウスピース型(カスタムメイド)矯正(歯科)装置(インビザライン)治療を受けています(2005年12月末現在)。マウスピース型(カスタムメイド)矯正(歯科)装置(インビザライン)での臨床報告については多数の論文があり、その多くが審査のある学術専門誌(AJO, JCOなど)で発表されています。

マウスピース型(カスタムメイド)矯正(歯科)装置

 マウスピース型(カスタムメイド)矯正(歯科)装置(インビザライン)のメリット

  • 透明感があり、装着していても目立ちません。
  • 摂食や清掃時に取り外し可能なため、治療中口腔および歯周組織の健康が、よりよく維持されます。
  • 矯正装置の装着による不快感が軽減されます。
  • クリンチェックが表示する3Dアニメーション動画を通じ、患者様自身も計画された歯牙移動を事前に見ることができ、治療に対するモチベーション向上につながります。
クリンチェック

マウスピース型(カスタムメイド)矯正(歯科)装置(インビザライン)では、「クリンチェック」とよばれる独自の3次元シミュレーションソフトを通じ、コンピュータ画面上にて、治療完了にいたるまでの総合的な治療計画の立案・検討を行って頂きます。「アライナー」を段階的に連続して使用することで、歯の移動を行います。患者様には、通常は2週間毎に新しいアライナーに交換しながら、一日20時間以上を目標に、歯を徐々に移動させます。

Q1: 具体的に、どのような治療方法ですか?

マウスピース型(カスタムメイド)矯正(歯科)装置(インビザライン)は、3次元コンピュータ画像技術を駆使し、治療の開始から終了までの過程の緻密なシミュレーションを行うところから始まります。そして、このシミュレーション結果に基づき、それぞれの患者さんの症例にぴったり適合した一連の「マウスピース型(カスタムメイド)矯正(歯科)装置(インビザライン)・アライナー」をカスタムメードで製造します。患者さんは、矯正歯科医の経過観察のもと、装着するマウスピース型(カスタムメイド)矯正(歯科)装置(インビザライン)・アライナーを交換していくことで、歯が徐々に移動します。歯がシミュレーションされた最終位置に移動するまで、これを繰り返します。


Q2: これまでの治療実績は?

マウスピース型(カスタムメイド)矯正(歯科)装置(インビザライン)は欧米を含む世界各国で35万人を超える患者の矯正治療に使用され、その効果が認められています。米国で実施されたアンケート調査では、マウスピース型(カスタムメイド)矯正(歯科)装置(インビザライン)による治療を受けた患者の90%近くが、治療に「とても満足している/極めて満足している」と回答しています。


Q3: マウスピース型(カスタムメイド)矯正(歯科)装置(インビザライン)による治療費用はどのくらいかかりますか?

治療費用は、必要な治療の種類や期間等を踏まえて決定されるのが通常です。お支払い方法等も含め、ご相談下さい。


マウスピース型(カスタムメイド)矯正(歯科)装置(インビザライン)治療動画

最先端のCTスキャン技術を通じ、患者のPVS印象に基づく高精度なセットアップモデルをコンピュータ画面上に具現化することが可能です。


動画

※マウスピース型(カスタムメイド)矯正(歯科)装置(インビザライン)完成物は完成物薬機法対象外(薬機法未承認)の矯正歯科の矯正装置(医薬品)であり、承認医薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。。

↑TOP