ムーシールド

ムーシールド画像

 幼児期の反対咬合は自然治癒の可能性があるとされていますが、2歳で反対咬合だった子の50%は自然治癒する一方で、3歳になると、治癒率は6%程度に低下するという研究発表があります。

 そのため反対咬合の積極的な治療は3歳頃より開始するのが望ましいといえます。いままで矯正治療では低年齢児に対応できる治療法は非常に少なく、歯科医院に行っても、「しばらく様子をみましょう」と言われて、歯の萌え代わりまで様子をみていくことが一般的でした。

 ムーシールドは、1983年に日本の矯正科医によって考案され、多くの臨床応用、学会発表を経て、2005年より現在の形で発売されました。乳歯の時期から反対咬合に使用できる装置として注目を集めています。

 就寝中にマウスピース型の矯正装置くわえるだけという簡便さのため、幼いお子さんにも負担が小さく応用できる装置です。
 筋機能を正常化させ、かみ合わせの乱れを整えるというのがムーシールドの考え方。約1年間程度の就寝時のみ装着で、症状の改善がはかられます。


改善後写真

Q1: ムーシールドとはどのような器具ですか?

 ムーシールドとは、下の前歯が上の前歯よりも前方に出ている「受け口(反対咬合)」を改善する器具です。反対咬合の原因の一つは、舌が低い位置で機能していることです。治療目標はまず、舌を挙上してあげることです。夜寝るときに器具を装着するだけで、受け口が改善されます。3〜5歳のお子様に適応になります。


Q2: ムーシールドはドラッグストアや通販などで販売されていますか?

 ムーシールドは、厚生労働省の認可を受けた医療器具ですので医師の診断に基づき、使用します。一般には購入できません。


Q3: ムーシールドの装着は大変ですか?

 慣れるのに期間のかかるお子さんもいらっしゃいますが、3歳以上のでしたらほとんどの方が容易に装着できます。


Q4: 3歳児健診で受け口(反対咬合)といわれました。早く治療をしたほうがいいですか?

 3歳児での受け口は、自然に改善する可能性は高くありません。かみ合わせを逆のままにしておくと、下顎骨が過成長しやすい状態が続きます。大きく成長する前に、逆のかみ合わせは治しておくべきです。年齢が上がるほど治療は大変になりますので、早めに治療を開始したほうがよいでしょう。


Q5: ムーシールドで治療をおこなえば、受け口(反対咬合)は完全に治りますか?

 ムーシールドは、筋肉の力を利用した装置の一つです。多くの受け口のお子さんに有効な治療法ですが、下顎の骨が過度に成長しているなど、骨格的な要素が強い方には効果はあまり期待できません。医師の診断が必要となります。治療開始年齢が低いほど、改善の確率は高い傾向にあります。


Q6: ムーシールドでの治療後、ワイヤーを使用した矯正治療は必要ありませんか?

 成長に伴い、再治療の可能性がある場合があります。ムーシールドでの、治療後は、定期健診が非常に重要となります。ムーシールドによって受け口が治っても、ワイヤーを使用した矯正治療が必要になることはありますが、成長期に受け口のまま過ごすのは、あごの成長や筋肉が発達大きな影響があります。早期の治療が望ましいといえます。


↑TOP