Q&A

いつ頃から矯正を始めたらいいの?

A. 歯の萌える時期は人それぞれ違います。また咬みあわせの状態によっても治療の開始時期は変わります。年齢だけではなかなか判断できません。できれば早めに専門医にかかって、開始の時期も含めてご相談下さい。アメリカでは 7 歳までに一度矯正専門医を受診するよう言われています。

↑TOP

治療期間はどのくらいかかる?

A. その方の症状にもよってそれぞれ違うのですが、一般的に小学校の低学年から中学生にかかることが多いです。また、かみあわせの状況によってはもう少し長くかかることがあります。ただ、中学生や高校生から治療をスタートする人はマルチブラケットという装置を使用することが多い ので約 2 年、保定装置を含めて約 4 年くらいです。

↑TOP

矯正治療は痛い?

A. 歯を動かす際には装置の調節後数日間、違和感や軽い痛みを伴うことがあります。治療のスタート時が大変なことも多いですので、当院では必要に応じて治療の妨げにならない痛み止めもおだししております。

↑TOP

どのような装置がありますか?

A. 主に取り外しのものや固定式のものがありますが、治療スタートの時にはご本人の希望をできるだけ取り入れながら装置を用意しています。年齢が高くなってきて仕上げの治療になりますと主に固定式の装置を使用します。

↑TOP

歯を削って歯並びをきれいにできる?

A. 歯を削って全体の歯並びを治すことはかなり大変で健康な歯をけずってしまうこともあります。時間的な余裕があれば矯正治療をまずお考え頂いた方がよいかと思います。

↑TOP

差し歯があっても矯正できる?

A. きちんと治療がなされていれば全く問題ないです。

↑TOP

取り外し出来る装置はありますか?

A. こどもの治療でまだ年齢が低いお子さんや特に歯科への恐怖心の強いおこさんには積極的に取り外し式の装置を使用します。それによりご本人の負担を軽くすることができます。ご本人以外はほとんど気がつかない透明の装置です

↑TOP

歯を抜かないで矯正できますか?

A. 当院では可能な限り抜歯をせずに治療を行うことを目標にしております。歯を抜かないで治療するためには混合歯列期(大人の歯と子どもの歯の生え変わる時期)より治療を開始していくことが望ましいです。矯正治療の目標は一生自分の歯で咬んでいくための仕組み作りです。抜歯をすることで歯の本数は減ってしまいますが、装置をはずした後の歯並びの安定性を考えて場合により抜歯をお勧めさせていただくこともあります。

↑TOP

子供の顎と歯並びについて教えてください?

A. 歯並びが悪いというのには
@ 歯と顎の大きさの不調和が大きくガタガタが生じる場合。
A骨格的な不調和が大きく、出っ歯や受け口になっているという場合があります。

 最近は顎の小さなお子さんが増えているようです。栄養状態がよくなっているので歯は昔よりも大きくなっており、がたがたになりやすい状況です。どちらの場合も学童期からの治療でかなり改善することができます。

↑TOP

治療中は虫歯になりませんか?

A. 当院ではご希望の方には矯正治療中定期的に検診を受けて頂き必要な予防処置を行います。しかし矯正装置には複雑な形をしたものもあるので治療中のブラッシングはとても重要です。装置をつける際には矯正治療専用の歯ブラシを使用したり、ブラッシング方法をきちんと説明致します。また、治療期間中には担当歯科衛生士がブラッシングを行い、虫歯のチェックも致しますので、矯正治療中に大きな虫歯ができる可能性はむしろ少ないといえます。

↑TOP

大人の矯正は可能なの?

A. 矯正治療に特に年齢の制限はありません。当院でもお子さんの治療と同時に矯正治療を開始なさるお母様方が多くいらっしゃいます。

↑TOP